矯正歯科|ゆうき総合歯科 蕨クリニック|蕨市北町の歯医者

〒335-0001 埼玉県蕨市北町5-4-32 マルエツ蕨北町店
048-299-6663
ヘッダー画像

矯正歯科

矯正歯科|ゆうき総合歯科 蕨クリニック|蕨市北町の歯医者

矯正歯科について

矯正治療について

前歯でものが噛みにくい、ガタガタの歯並びのせいで歯磨きがしづらい、ニコッと笑った時の口元に自信がない、そのような悩みを解決する手段のひとつが歯列矯正です。
噛み合わせが悪くものが噛みにくかったり、歯磨きが難しく虫歯や歯周病になってしまうと、QOL(Qulity of life:生活の質)の低下を招くことが考えられます。
歯並びを治すことで人前でも遠慮なく笑顔になれる口元になるだけでなく、虫歯や歯周病になりにくくなり、それによってよりお口の中の状態をよい形に保つことができます。
そうやってQOLを向上させることができる、それが歯列矯正の最大の特徴と言えます。

歯列矯正ではおおまかに一期治療という子供の矯正治療と、二期治療という大人の矯正治療に分かれます。

子供の矯正治療
(一期治療)

一期治療では、永久歯という大人の歯が生えて揃う12歳ぐらいまでの期間で歯がきちんと並ぶように、骨格形成まで考慮して治療を行なっていきます。
歯を並べるために症状に応じた装置をお口の中に入れて使っていただいたり、歯に装置を取り付けて治していったりします。
骨格的な出っ歯や受け口がある場合は、骨格を改善していく装置を使っていただくこともあります。

大人の矯正治療
(二期治療)

大人の歯が生え揃って以降は二期治療となります。
装置としてはマルチブラケット装置(Multi Bracket Appliance)を用いて歯並び全体をワイヤーやゴムを使って整えていきます。
他、歯グキに矯正用アンカースクリューという小さなネジを植立したり、症状によってはマウスピース型のものを用いることもあります。

歯並びの状態に
適した治療を

矯正では最初にまずレントゲンや歯の模型を取ることでお口の中全体の状態を詳しく見て原因を分析し、そこにアプローチする治療計画を立てて行なっていきます。
歯並びの不良にはいくつか種類があり、それぞれ症状に応じた治療が必要になります。

叢生(ガタガタ・乱杭歯)

叢生(ガタガタ・乱杭歯)

歯並びが乱れて綺麗に横一列に並んでいない状態です。顎の上に歯を並べるスペースが足りないために生じることが多いので、並べるスペースを作ってあげる必要があります。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が前に飛び出している状態です。口が閉じにくかったり、転んだ時に前歯を痛めてしまいやすくなってしまいます。
上の歯、顎が前に出ているのを後ろに下げたり、逆に下の歯や顎を前に出したりする治療が必要になります。

下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口)

下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態です。見た目以外でも前歯でものが噛みにくくなるなどの症状が出てきやすいです。
出っ歯ととは逆に上の歯や顎を前にだしたり、下の歯や顎を後ろに押さえたりする治療が考えられます。

開咬(オープンバイト)

開咬(オープンバイト)

上下の歯が離れており、噛み合っていない状態です。
原因はさまざまですが、ゴムを上下の歯にかけたり、奥歯の高さをゴムなどで調整して、歯並び全体が噛み合うようにする必要があります。
ベロで歯を押してしまうことで隙間が空いてしまう場合は、そういった癖を治す装置やトレーニングを行うこともあります。

上記以外にも様々な症状がございますので、歯並びで気になることがございましたら是非ご相談いただければと存じます。